健康経営への取り組み


健康経営とは、従業員の健康管理を重要な経営課題として捉え、その実践を図る事で、従業員の健康の維持・増進と共に会社の生産性向上を目指すという経営手法を指します。

健康産業として、弊社ではこれまで、お客さまの健康を第一に考え、商品の紹介・販売と共に「健康教室」「情報誌」などを通して様々な健康情報を提供してまいりました。そして、健康情報を提供する側の従業員の健康もまた、名古屋ヤクルト販売の発展にむけて欠かせない重要な経営課題と考えています。従業員への健康投資を積極的に行うことで、従業員の活力向上や生産性向上を図り、結果として、名古屋ヤクルトの発展に繋がっていくよう、様々な取り組みを実践してまいります。

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。


体制

取締役常務執行役員を筆頭に健康経営推進のためヘルスサポート委員会を設置し、各種施策を実施し健康経営に取り組んでおります。

健康優良企業 認定証(銀)

昨年に続き「健康優良企業(銀)」に認定されました。

2020年08月20日

健康優良企業 認定証(銀)

  

今後も引き続き、更なる取り組みを実践してまいります。   

  

「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。

2020年03月02日

健康経営優良法人2020 認定証

  

「健康経営優良法人認定制度」とは、健康経営に取り組む企業の「見える化」を進めるため、上場企業をはじめ、未上場の企業や、医療法人等の法人を「健康経営優良法人」として認定する制度で、経済産業省が創設し、日本健康会議が認定を行っています。

名古屋ヤクルト販売では、2019年7月、「健康優良企業(銀の認定)」(認定番号 健銀第773号)を取得しました。そして、更なる取り組みの結果、健康経営への取組が優良であると認められこのたび、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。

今後も引き続き、更なる取り組みを行ってまいります。


  

「健康優良企業(銀の認定)」を取得

2019年07月02日

健康優良企業 認定証(銀)

名古屋ヤクルトは、ヤクルト健康保険組合協力のもと、健康保険組合連合会東京連合会に「健康企業宣言」を行い様々な取り組みを行ってまいりました。このたび、弊社は「健康優良企業(銀の認定)」(認定番号 健銀第773号)を取得しました。

従業員の活力向上や生産性の向上に向けて、今後も、健康経営の更なる取り組みを実践してまいります。   

  

  

様々な取り組み

  • 有給取得の積極的な声掛け ※ 2019年度 有給消化率実績 80%
  • インフルエンザ集団予防接種の実施 ※予防接種 実施割合(健康保険組合被保険者) 25%(2018年)→ 46%(2019年)に増加
  • 残業 事前申請制の導入
  • 年2回の健康診断の実施
  • 生活習慣予病の予防・改善をめざす健康推進運動「ヤクルト健康21」の実施
  • ヘルスサポート委員会の設置
  • 月1回の「ヘルスサポート通信」や隔月の「ヘルサポレシピ」の発行
  • 社内研修室の一角に、血圧計、体重計計測コーナーを設置
  • 禁煙デー設置、喫煙者に対して情報提供
  • 社屋完全禁煙  など


ヘルスサポート委員

社員の健康保持・増進の取り組みを実施する為、ヘルスサポート委員を設置しています。毎月、管理栄養士による「ヘルスサポート通信」、「ヘルサポレシピ」を発行し、社員への健康情報の発信を行っています。

ヤクルトレディお仕事情報
販売エリア
購入方法
オフィスでヤクルト
商品情報
キャンペーン情報
Yakult Beautiens
Yakult Beautiens エステサロン
健康教室
採用情報
地域への貢献